特別な溶剤

脂肪吸引と聞いて、多くの人がまず心配になるのが体への負担でしょう。脂肪吸引は体にも大きな負担がかかる手術であると、多くの人が一度は耳にしたことがあるはずです。そのため、痩せるためにこうした手術を行うことに不安やためらいを感じてしまう人は大勢います。しかし、大阪の美容外科では、こうした脂肪吸引によるデメリットを改善させる方法を行っています。従来の脂肪吸引法に比べ、体の負担を極力抑える方法を行うことができるため、施術によるリスクを抑えることができるほか、ダウンタイムなども大幅に短縮させることができたため、利用することができるでしょう。

大阪の美容外科が行う施術方法として、あらかじめ脂肪を柔らかくさせる溶剤を注入させる施術を行います。従来の脂肪吸引法では、カニューレと呼ばれる特殊な吸引機器を挿入し、無理やり脂肪細胞を吸い込み、除去するといった方式を取っていました。しかしこうした方法では、脂肪細胞と結びつく血管なども傷つけてしまうため、失血により体へ大きな負担が掛けられてしまうというリスクがあったのです。ですが、大阪の美容外科が行う溶剤注入によって脂肪を柔らかくすることで、体の負担を最低限にし、余分な脂肪細胞を除去することができるのです。脂肪細胞の層にこうした溶液を注入することで、脂肪が抵抗なく吸引されやすい状態にできるため、体の負担を取り除く事が可能となります。さらに、大阪の美容外科ではこうした溶剤と一緒に血管収縮剤および止血剤も注入するため、脂肪吸引によって血管が傷つく事を抑え、また出血量自体も抑制させることができるため、脂肪吸引はもはや従来のようなリスクのある施術とはならず、誰でも気軽に受けることができる手術となっているのです。